お葬式までに覚悟を決める時間が必要

医師からもう長くないと家族が宣告された場合、まず必要となるべきことは連絡と覚悟です。
生きているうちに会わせておきたい人への連絡をして、すぐに病院へ来てもらう必要があります。
自分を含め、子どもや孫、近しい関係の親戚など集まれる人はできるだけ集めて、最後のお別れをするのが理想です。
医師の宣告から死を迎えるまでの時間は、最後のお別れの時間として大切なものですが、加えて、お葬式に向けて喪主としての覚悟を決めていく時間でもあります。
それができずに、ただ呆然としてしまうだけの人が多いですが、しっかりとお葬式までに覚悟を決めることが大事です。
その上でしっかりと葬儀を仕切れるよう心構えをすることが大切になります。
家族としては医師に宣告されたとはいえ、死を考えることはしたくない、不謹慎だと考えがちですが、喪主をつとめる可能性があるのであれば、ここで覚悟を決めておくことが、親への恩返しであり、供養にもつながります。

関連menu

更新情報

ボックス画像1

先月だった。
前から病気だった幼馴染の友達のおかあさんが亡くなった。
自分の無力さを感じ

幼馴染の友達のおかあさんの葬式

ボックス画像2

いつかは訪れる親の死は、親が高齢になってくれば少しずつ現実味を帯びてきます。
葬儀の準備など縁

親が亡くなってからお葬式までの流れ

ボックス画像3

大切な親が亡くなった直後くらい、ゆっくりと過ごしたいと考えるかもしれませんが、病院で亡くなった場合は

遺体の搬送先を決めお葬式について考える

ボックス画像4

病院で亡くなった場合は、すぐに退院する必要があるので、遺体をどこに連れて行くのかを決めなければなりま

お葬式を成功させるための第一歩

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

お葬式までに覚悟を決める時間が必要