親が亡くなってからお葬式までの流れ

いつかは訪れる親の死は、親が高齢になってくれば少しずつ現実味を帯びてきます。
葬儀の準備など縁起でもないと考えつつも、喪主となる可能性の高い人なら費用も含めさまざまことを考えたり、いざという時に恥をかきたくないと考えるのが一般的です。
あらかじめ流れなどは把握しておくことが大事です。
医師から告げられる親の死の場面では悲しみもひとしおですが、まずは冷静になり各方面へ連絡する必要があります。
臨終に立ち会えなかった家族にもあらためて連絡をします。
そして、家族だけでなく親族にも連絡が必要です。
この時点ではまず亡くなったという一報だけで大丈夫です。
お葬式の日程などが決まり次第、再度連絡を入れます。
連絡手段は確実に伝わるように電話を使います。
また、自分が会社勤めをしているのであれば、会社への連絡も必要です。
喪主をつとめる場合、準備期間も含めお葬式の前後は休むことになります。
いわゆる忌引き休暇です。
会社によって決められた書類の提出が必要になりますが、まずは電話で一報をいれておきます。
会社を休むとなれば業務上支障をきたしますから、優先して連絡を入れるようにします。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

親が亡くなってからお葬式までの流れ