遺体の搬送先を決めお葬式について考える

大切な親が亡くなった直後くらい、ゆっくりと過ごしたいと考えるかもしれませんが、病院で亡くなった場合は早急に退院をと促されます。
亡くなった後は、看護師が遺体を拭いて整えたり、体液が出ないように綿をつめたりなど、死後の処置をおこなってくれます。
しかし、どの程度の処置をするかは病院により差が大きく、何もしてくれないまま退院となるケースもあれば、死化粧までしてくれる病院もありさまざまです。
これは病院の好意によるものなので、やってくださいと無理強いすることはできません。
しかし、遺体の着替えや死化粧を専門とする業者をお葬式までにお願いすることはできるので、病院での処置がなくても心配することはありません。
処置をしてくれる場合は、少し時間が空くので、その時間を周囲への連絡の時間にあてるのが通常です。
そして、医師から死亡診断書をもらい、しっかりと説明を聞きます。
また、病室の片付けや退院の手続きも必要ですが、入院費の精算については急なことなので後日でも対応してくれます。
長らくお世話になった医師や看護師に感謝を伝え、遺体を搬送してからお葬式について冷静に考えることが大事です。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

遺体の搬送先を決めお葬式について考える